読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

リベラル派が反対する余地がなくなった、「加憲」による9条改正提案

憲法改正で国会論戦 首相、民進を揺さぶり 護憲・改憲混在、分断狙う :日本経済新聞

 

憲法改正について、これまで9条以外の条項からの問題提起をしてきた安倍首相が、突如といして、9条改正(加憲)という正面突破を試みている。

この手段の変更の裏側は、大変気になるし、うまい具合に世論喚起ができているように見える。ここまで、そしてこれからのシナリオがある程度描ききれているのではないか。

当然、安倍首相だけの考えや判断だけではないだろうから、周りにいるブレーンが優秀なのだろう。

 

9条改正について、現状の条項プラス自衛隊の明文化という手法は特別反対する余地がない。

すでに存在している自衛隊の役割を明確化すれば、逆に縛りをつける可能性ができることになり、「あいまい」だからこそできたことができなくなる可能性がある。その意味では、革新系やリベラルな考えを持つ人にとって、よりよい憲法になる可能性もある。

そういう点で、安倍首相が、「9条1項、2項は変えない」と発言したのは、保守派にとって、本来変えたい方向性が大きく異なってしまう可能性があり、かなりの決断の上で発したものだったと推察する。

しかし、リベラル側が反対しづらい内容で9条改正を提言したことで、おそらくまともに対抗できる勢力はないだろう。

 

いずれにせよ、憲法改正は大きく動き出しそうだ。