読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

9条の改正は、自衛隊のためではなく、国民のための議論であるはずだ。

首相の「20年改憲」目標 自民・下村氏「十分に可能」/民進・公明「年限区切らず」 :日本経済新聞

 

自衛隊の存在を曖昧なものにせず、憲法の中で明確にすることへの改憲、あるいは加憲への試みには賛成である。

 

しかしながら、その目的が「自衛隊の士気を高めるため」というのはいかがなものか。

 

憲法は国民のためにあるのであって、自衛隊員のためにあるのではない。

徴兵制だったらまだわかる。すべての国民が対象になるから。

 

国民のために自衛隊が必要であるかどうか、そしてその存在が曖昧であるよりも明確にすることで、逆に権力の暴走を防ぐことにもなりうる。

 

隊員の士気向上という名目が掲げられるのであれば、それは隊を暴走へと導く道だって開かれる可能性がある。

もちろんそんなことは考えてもないだろうけど、発言自体はそれと考えてもおかしくはない。