読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

安保法制の運用について、メディアはそのチェック機能としての役割を果たしてほしい

日米同盟、新領域へ 初の米艦防護 安保法で危機対応 一体運用深化、高まるリスク :日本経済新聞

 

国会内だけでなく、国民を巻き込んだ、安保関連法制が、現実世界で実際に運用された。

 

法案審議中は、起こるのかどうかよくわからない事例をもとに議論されていたが、北朝鮮情勢とアメリカの政権交代を機に、これまで行えなかった安保に関する活動が運用されたのだ。

 

憲法違反かどうかという観点で賛成反対が問われた安保法制。

 

法律の運用が実際に始まった今、その観点での議論はメディア上では聞かれない。

 

しかし、このような世界情勢の激変の中、安保法制は正しかったのかどうか、検証が必要だろう。特に法律制定に反対だった野党。

必要だとするならば、憲法違反なのかどうかをもう一度俎上にあげ、憲法改正の議論が必要になる。

 

法律制定までは、わあわあやるけど、運用が始まったら何事もなかったかのようなことが多い。

いやもしかしたらやってるのかもしれないが、それを取り上げるメディアはほとんどないだろう。

 

ビジネスの世界でもそうだが、やはり「運用」が大事で、その課題の抽出と検証、改善を繰り返し、より良いものにしていくことが重要。

 

それには、メディアの役割がとても重要なはずだ。