読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

比例当選議員の離党は、やっぱり辞職すべきなんだと思う。

民進保守派、募る不満 長島氏が離党届、小池新党と連携も 蓮舫体制、足元揺らぐ :日本経済新聞

 

自らの政治信条と所属する政党の方針が異なってしまった時に、その政党から離脱するという判断は、至極真っ当だ。

 

その意味で、長島議員の決断は支持したい。

 

しかしながら、比例復活で当選しているという事実。これが厄介だ。

 

本来であれば、当時民主党の比例で当選しているので、民主党から離れるのであれば、議員を辞職すべきと考える。

 

ところが、「当時」民主党と今の民進党が果たして同じなのか、という問題。

まぁ、それを言い始めたらきりがないのだが。

 

とはいえ、それも民主党の判断でそうなったのであり、それに従えないのであれば、辞職すべきだろう。

 

民主党からの出馬という理由だけでとうせんしているのだから、その存続政党にいられないというのであれば、辞職があるべき姿だろう。

有権者としては、納得がいく。

 

そうなると、もし政党そのものがなくなれば、そこで比例当選している議員はみんな辞職となるのだが、それは避けられない。

それだけの覚悟と意志を持って、政党は自らの政治信条を貫き、国民から付託された義務を全うする責任があるということだ。