読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

東芝決算延期問題。二度あることは・・・と三度目の正直はマネジメント力の差

東芝の決算発表、再々延期の可能性 監査法人と見解相違 :日本経済新聞

 

東芝の決算発表がまたもや延期される可能性が出ているとのこと。

 

もし、延期となれば、これで三回目だ。

 

「二度あることは三度ある」ということわざ。これは決してポジシディブなものではない。

むしろ、警告を与える教えだろう。

三回も起きないように、これまでの反省をし、改善をし、備えなきゃいかんよと。

 

「三度目の正直」は、上記にならないようにした結果の話。

三度起きないように改善をした結果だ。

 

二度あることは三度ある会社の烙印を押されたら、もうその組織はマネジメントが崩壊していると言って良い。

なぜうまくいかなかったのかの検証、内部の調整、外部との交渉、確実性の高い実施計画とその遅滞なき実行。

 

まだ時間があるので、最終的にはどうなるかわからないけど、三度目があった時には、これはもう上場廃止をすんなりと受け止めて、しっかりと破壊的立て直しをしていただきたい。

 

立て直せるだけの、技術と人財はあるのだろうから。あとはマネジメントだけなのだろうから。