読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

AIのあり方を、国家レベルで議論し合う段階なのは間違いない。

(AIと世界)気がつけばそこに(5)生き続ける第2の私 「永遠」は本物か :日本経済新聞

 

これから、

 

「人間」てなんだろう。

 

てことが問われるような話。

 

「死」があるから、「生」が輝く。

 

そんな当たり前のような概念が、AIの存在によって覆る。

 

「クローン」技術が倫理的に問題視されたが、AIなら良いのか。

 

「人類」を守るため、国家が集まり、それぞれの主張を持ちながら、妥協もしながら進めている、温暖化対策を中心とした環境保全

 

AIも、いよいよ「人類」を守るための世界ルール作りをすべき段階に入ってきた。

 

技術のスピードは光のようだ。

早くやらねば、取り返しのつかない場所に、人間は立ってしまうかもしれない。