読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

蓮舫さんには、話し方アドバイザーをつけるべき。

党首討論 カジノで応酬 首相「投資や雇用生む」 蓮舫氏「依存症に懸念」 :日本経済新聞

 

蓮舫さんにとって、初の党首討論

そもそも、党首討論の目的、ゴールってなんだっけ。。というのは置いておいて、個人的な印象を。

 

どうも、蓮舫さんの話し方は、相手を小馬鹿にするというか、上から目線力が強すぎる印象を感じてしまう。

実際どんな方かは知らないが、テレビを通して、有権者として感じる印象だ。

どうしても「女性リーダー」として比較されがちな小池都知事と比べてしまうと、その印象が強い。

 

強く見せるのは、無意識的に弱さを隠すためであることが往々にしてあるが、そんな風に見えてしまう。そしてその強さが逆に自分の弱さに跳ね返って来てしまう。

蓮舫さんには、国籍問題という痛手を抱えているが、昨日の討論で「答えない力、逃げる力…」と言って首相を攻めたが、完全にブーメラン。いやいや、あなたでしょう、って安倍さんに攻められたらなんて答えたのかしら。

 

プレゼンというか、話し方のアドバイザーみたいな人ってついているのかな。

もしいないのであれば、つけるべきだと思う。

志高く、野党第1党のリーダーにまで上り詰めたのだから、能力はあるはず。

でも有権者にそれを届けることも重要。

この届け方を失敗すると、やりたいこともできないはずだ。