読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

小池都知事の「ラスボス」は何だろう。

(迫真)小池流の行方(1)「根回しはいらない」 :日本経済新聞

 

今のところ、小池さんは良い滑り出しだなぁ。

 

自民党の公認を得られなかったのは、逆にスタートとしては良かった。今思えば。

石原さん退任以降の2人は、「与党」。

その2人の不祥事を背景に、「与党」を敵に回し、都初の「女性知事」を目指すというストーリーは、世論を味方にした。

 

そして就任後の盛土問題が、さらに都民を味方につけた。

 

マスコミ戦略も悪くない。

先日のスマスマを拝見したが、都政で激しくやっている中で、あのフランクな感じ、そのギャップに多くの都民に好印象を与えたのではないだろうか。その辺は、蓮舫さんと違うところか。

 

また、「都政」というのが良かった。

これが「国政」であった場合はどうか。

保守、リベラルのイデオロギーなど、なかなか小池さんを受け入れがたい国民も多いだろうから。生活に身近な問題を決める立場だと、そういったことは考えなくて良い。

 

しばらくは、都民の支持は揺るがないだろう。

 

この流れは、小泉首相とかぶる。

 

小泉さんは、定期的に敵を作って、それをぶち壊すヒーローになり続けた。

ラスボスの「郵政」を倒し、潔くエンディングを迎えた。

 

小池さんにとっての「ラスボス」はなにか。

この設定は、結構重要かもしれない。

あるのか、ないのか。あるとしたら、その「ラスボス」の存在を世間に知らせるタイミングは、いつか。

その戦略が、小池都政を支える1つのポイントかもしれない。