読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

民進党の「提案型」というフレーズが迫力を欠いたものになっているから、ネーミングを変えるべき

蓮舫代表初の国会質問 提案路線、道筋示せず :日本経済新聞

 

蓮舫さんの船出。

世間の評価はなかなか厳しい感じですね。

 

今この状況、つまり安倍政権、自民党政権が盤石な中での提案型っていうのをどう国民に響かせるのかが重要だろう。

 

党として、与党と相容れない政策を実現するには、みずから政権を取らなければいけない。

 

どうしても、初めての女性リーダーということで、蓮舫さんと小池さんが比較されるが、状況が全く違う。

 

小池さんの場合は、豊洲やオリンピックの問題、舛添さんの問題で、「与党」が完全に崩れ、攻めどころ満載の中、直接選挙で知事のイスを勝ち取り、政策実現可能な状況になっている。

 

民進党は、全く別の環境だ。

まずは政権を取らねばならない。

 

政策をしっかり固めることはよいだろう。

ただ、「提案」をするだけだと、与党に良いところだけ持ってかれる可能性もある。

 

「提案」という表現が、ちょっと優しいというか迫力に欠ける印象がある。与党を攻める感じがしない。

 

「対案型」とか、なんか、もっと攻める印象を国民にも与える印象のフレーズで発信していった方が良いだろう。