読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

habinyo’s diary

日々のニュースに対する思いを徒然に。自らの考え、軸、信念を確かなものにするために更新します。

都議会選の世論調査、母数が150人程度って。今そこで得られた情報、いるかな。

(本社世論調査)都議選「自民に投票」32% 小池系・都民ファースト17%、民進は低迷2% :日本経済新聞 日経新聞とテレビ東京による都議会選の支持率世論調査では、自民党が32%、都民ファーストが17%でその差は約2倍。 思ったより、都民ファーストが伸びて…

社会保障負担の公平性に関する、国民的な議論は今やるべき。

(砂上の安心網)支え合いの境界(5)「健康は自己責任」に波紋 不摂生 あなたの負担は :日本経済新聞 確かに、頑張って健康維持している人と、不摂生で不健康になってしまっている人が同じ保険料、あるいは同じ割合での自己負担というのは、不公平ではあ…

今村前復興担当大臣の発言から見える、政治家としての根本的な考え。

今村復興相を更迭 「東北でよかった」震災巡り発言 :日本経済新聞 長期政権によるゆるみやたるみ、っていうけど、なんか違う気がしてきている。 なんだか、「緊張感を持っていれば、本音を隠して、建前でモノゴトを語れる」と言っているように聞こえてしま…

物流業界からはじまる、ニッポン付加価値再構築

(宅配クライシス)日本型サービスに転機 ヤマト値上げ、他社追随も :日本経済新聞 追加費用なく、すぐに届けてくれる。連絡したら、再度届けに来てくれる。 ある意味「特別扱い」を無償でやることで信頼を得る、結果、生産性の低いサービス業の日本企業。 …

「死」と「治療費」の問題を政治家が本音で議論するのをタブー視すべきでない。

揺れる終末期医療 財政論、倫理とせめぎ合い :日本経済新聞 回復の可能性が低い、「死」を待つしかない状態に対し、医療はどうあるべきかを、政治家が本音で議論し、方向性を見出すことは極めて重要だし、その議論が透明化され、国民的議論になることをタブ…

野党が、与党の「ゆるみやおごり」を指摘してちゃいかんだろ。

安倍政権 目立つ緩み 政務官また辞任 相次ぐ失言・不祥事 :日本経済新聞 自民党内部の人が、今の政権に対して「ゆるみ、おごり」を指摘し、自制を図るのは理解できるが、野党の党首が同じ表現で政権批判をするのはいかがなものか。 自民党のゆるみやおごり…

テロ等準備罪関連法案って、政局めいたテーマなの?各党の立場を明らかにして、落ち着いた議論をすべき

「共謀罪」実質審議スタート 政府「テロ対策」前面に 野党、廃案へ徹底抗戦 :日本経済新聞 共謀罪(テロ等準備罪)が重要な法案であることはわかる。 ただ野党の立場がよくわからない。 国際組織犯罪防止条約(TOC条約)の締結を目指すこと自体は賛成なのか…

民泊仲介ビジネスの、その先。

米エクスペディア系仲介大手、民泊施設、日本で開発 まず中国・四国地方で :日本経済新聞 ようやく日本でも、民泊が認められそうな段階に入ってきて、今後、民泊仲介事業争奪戦に向けた争いが始まるであろう。 しかし、その先を見ておきたい。 結論から言え…

今の世界の政治情勢を見るにつけ、日本の「象徴天皇制」はスゴイものだと実感している

橋渡し国家 試される安定 :日本経済新聞 不安定な国家、一部のエリートとその他大勢の分化が進む社会では、弱者が自分を代弁してくれると期待できる強力なリーダーを求めるのは歴史が示している。 そのリーダーが本当に民衆のために動くか、自らの権力のた…

教育者の質を高める三種の神器。

〈次期指導要領 私の見方〉多忙な現場 どう支援 耳塚 寛明お茶の水女子大教授 :日本経済新聞 教職員がブラック職業って、、そんなんでは、国の働き方改革なんてのは、進まないよなぁ。 国家公務員の人たちも、ブラック職業最先端だし。そもそも効率的に仕事…

世の中変えるためには、自分が変わること。白票でもよいから投票に行くことが大切。

社会保障制度「高齢者偏重を是正」 小泉進次郎氏に聞く 「こども保険」を突破口に :日本経済新聞 小泉さんは、やはり魅力を感じるな。 この人に託せば、今の子供たちやその下の世代の未来を明るくすることが一緒に作れるのではという期待を持たせてくれる。…

トランプは方針を変えたのではなく、手段を変えているだけ

(FINANCIAL TIMES)シリア攻撃はらむリスク チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター ギデオン・ラックマン :日本経済新聞 権力を誇示し、世界の大国としてのプレゼンスを高めてきた習近平国家主席。 その習氏が初めて押され気味な様相を呈して…

戦後初めて「戦争」を感じる危機。だからこそ、国会議員は冷静にこの問題を議論すべき。

(Deep Insight)北朝鮮 止める秘策はあるか 本社コメンテーター 秋田浩之 :日本経済新聞 人生40年ほどの中で、これだけ身近に「戦争」の可能性を感じているのは初めてだ。 もしかしたら、「戦後」初めての状況かもしれないと考えると、戦争を知らない日本…

比例当選議員の離党は、やっぱり辞職すべきなんだと思う。

民進保守派、募る不満 長島氏が離党届、小池新党と連携も 蓮舫体制、足元揺らぐ :日本経済新聞 自らの政治信条と所属する政党の方針が異なってしまった時に、その政党から離脱するという判断は、至極真っ当だ。 その意味で、長島議員の決断は支持したい。 …

スタートトゥデイのエンジニア募集を見て、経営者がやるべきことを改めて想起させられる。

デスマーチ既に確定!? 『ZOZOTOWN』のエンジニア募集がヤバいと話題 - グノシー スタートトゥデイの社長さんのことは正直よくわからないし、よくニュースになっていることだけ見たら、なんだか派手な感じかなーという印象しかないが、プログラム素人の時に、…

当日配送はもうあきらめよう。ロボットが届けてくれるまでは。

(宅配クライシス)ヤマト、アマゾンの当日配送撤退へ 日本郵便が一部代替、ネット通販転機 :日本経済新聞 当日配送は、人々に「感動」を与えてきた。 「まじで、今日届いたー。すげー」ってやつ。 でも本当に「今日」欲しかったのかといえば、そうでもなか…

ブロックチェーンは働き方改革にも有効なのか?

〈ニュースなことば〉 ブロックチェーン データ管理 集中から分散 :日本経済新聞 ビットコインの台頭で、システム開発界隈ではAIやVRに並ぶ注目ワードのブロックチェーン。 これって、働き方も変えられるのかしら。 在宅勤務で面倒なのは、セキュリティ。 …

ヨーロッパの極右勢力を「ポピュリズム」と言ってしまうのは本当に正しいのか。

(迫真)始動 Brexit(3) やまぬポピュリスト旋風 (写真=ロイター) :日本経済新聞 ポピュリズムは、今でも学術的な定義は揺らいでいるようだが、「大衆迎合主義」という考え方で今のところは認識としては合っているだろう。 最近のヨーロッパで…

東芝決算延期問題。二度あることは・・・と三度目の正直はマネジメント力の差

東芝の決算発表、再々延期の可能性 監査法人と見解相違 :日本経済新聞 東芝の決算発表がまたもや延期される可能性が出ているとのこと。 もし、延期となれば、これで三回目だ。 「二度あることは三度ある」ということわざ。これは決してポジシディブなもので…

ビッグデータの共有は、データを提供している事業者にバックがされる仕組みを。

ビッグデータ共有を後押し 政府が指針、紛争防ぐ 車走行情報、部品開発やカーシェアにも :日本経済新聞 これはとても重要な動きだ。 以前にも記事にした通り、ビッグデータはいち早く集めたほうがよく、企業ごとにやる時間的コストと、企業の枠を超えてあら…

金融、法務分野以外でブロックチェーンを活用して革新するのは誰だ?

仮想通貨技術、街を元気に 商店街がクーポン 信組は地域通貨 :日本経済新聞 ブロックチェーンは一般的に知られているのは、「ビットコイン」に使われている、よくわからないけどすごい技術、くらいなものだろう。 ほとんどの人が仮想通貨のためのものとして…

行政コスト2割削減。どんどん進めるべき。紙をなくす勢いで。

首相「行政コスト2割減」 書類統一や電子化、20年目標 :日本経済新聞 いや、ほんとこれ、しっかりと実現してほしい。 今の紙手続きが電子化されて、一人当たりの無駄な時間が年間10分でも削減されたら、日本国全体でどれだけの効率化ができるか。 国や自治…

安倍首相の絶妙な経済政策采配に対して常に思うのは、消費増税をあの時しなかったことは正しかったのかどうかということ。

働き方改革へ実行計画 残業上限や同一賃金 政府、関連法案を年内に提出 :日本経済新聞 今年の安倍内閣の一丁目一番地が、この労働改革といえるだろう。 安倍さんが首相に復帰して、上手いなーと感じるのは、この「経済や生活」に関する政策が、「第一と考え…

働き方改革のヒントは、地域の病院システムにあるかもしれない。

(迫真)働き方 労使で変える(1)生き生きと働くために :日本経済新聞 働き方改革のあり方が検討される中で、「24時間営業」は消費者にとって本当に必要なのかという議論が出ている。 コンビニとかが開いてることで、助かることは確かにある。といっても…

自動運転も「安全」「安心」論に行きつくだろうから、今のうちからどう国民に伝えるかを考えておこう。

ウーバー自動運転車、米で試験中に事故 サービス中断 運転手・機械のやり取り課題 :日本経済新聞 事故の原因が、「人間との譲り合い」か。なるほど、この辺は特に微妙なさじ加減が必要で、「ゼロイチ」の判断、つまり、デジタル的な判断では如何ともしがた…

籠池問題、政局的な追求を後回しにする対応を民進党がバシッとやれば世論は評価すると思う。

籠池氏喚問 国会大揺れ 野党、昭恵夫人の招致要求 長期戦で打撃狙う 与党、拒否も守勢に :日本経済新聞 籠池さんのキャラ立ちが強いから、ワイドショーにはもってこいのニュースになっちゃっているけど、問題は、 ・国民の財産が不当に安く評価されたのか。…

国や自治体は死に物狂いでペーパーレス化を推進したら良い

同じ書類、提出1回 行政手続き簡素化 規制改革会議案 :日本経済新聞 ほんとにこれ、どんどんやってほしい。 紙の書類とか手続きに多すぎるでしょ。 例えば、国や自治体に申請、提出する書類。 国や自治体に申請に必要な書類を、国や自治体に申請、取得し、…

小池都政の凋落はあるのか。

自民都連、「対小池」強める 「豊洲」早期移転掲げる 募る危機感、党除名論も :日本経済新聞 先日の百条委員会、浜渦さんや石原さんの老獪な対応の前に、あたふたした非自民議員。 結局彼らを呼んで、どんなゴールを目指したか不明なまま終わってしまった。…

百条委員会の目指すゴールが全く見えない

石原氏喚問 晴れぬ謎 百条委証言 「豊洲は都政の大きな流れ」「交渉経緯の報告、記憶ない」 :日本経済新聞 ちょっとよくわからないのが、百条委員会の目的、ゴールだ。 本来、豊洲に移転すべきかどうかの判断が今必要なことだと思うのだが、この委員会はそ…

SNS時代の接待、交際費

接待消費 じわり復活 「ビジネスに必要」税が演出 :日本経済新聞 今の時代、スマホさえあれば、色んなネットワークを構築でき、直接会ったことがない人でも、長い付き合いができている錯覚に陥るほどだ。 だからこそ、リアルに面と向かって話すこと、会うこ…

森友問題の本質と影

籠池氏「首相から100万円」 森友問題、政権側は寄付否定 :日本経済新聞 これ、なんだか色んな思惑やら黒幕やら、薄暗い何かがある感じ。 そもそもなんでかの問題が浮上して来たのか。誰かのタレコミであることは間違いなさそうだが、なんでそんなことをした…

防衛大臣が感情的になる恐ろしさ

稲田氏、繕えぬ答弁 森友訴訟「出廷」と訂正/顧問契約・個人献金も :日本経済新聞 よほど、出廷していないことに自信があったのか、それにしても相当いい加減な答弁をしていたものだ。 良い経験として、発言は感情的にならずに慎重に、ということだろうが…

日本はイノベーション遅れで、産業が沈没するのではという懸念

(断絶を超えて)(2)シェア経済 アジア先行 牛歩の日本、草刈り場 :日本経済新聞 これ、近い将来の日本経済にとって、大問題になりかねない。 既存利得権益保持者による圧力で、遅々として進まない構図であることは容易にわかる。 でも、本当にそれで良…

マネジメントって教わるものなのか。

(ダイバーシティ進化論)サービス産業型のマネジメント とがった個性を生かして ライフネット生命保険会長 出口治明 :日本経済新聞 「マネジメント」って、その会社や事業のステージによって、必要な要素が大きく変わる。これを無視して、「マネジメントと…

「なんとかテック」と名乗れる条件を考えてみた。

(Beyond the Finance)(3)気がつけば投資家に スマホで身近、運用に革新 :日本経済新聞 フィンテックに代表されるように、「なんとかテック」は、今やなんでもありだ。 言ったもん勝ちみたいになってるけど、あえて「テック」と呼べる条件を考えてみる…

銀行より銀行になるかもしれないのは誰か

(Beyond the Finance)(2)支払いのない世界 決済に異業種、溶ける境界 :日本経済新聞 これ、本当に近い将来だと思う。想像しているより早く。 そのとき、安全性の確保が当然重要になる。物理的な強盗リスクはなくなるが。 ブロックチェーン、そしてその…

知力を養う任を担う、新聞メディア

(創論)トランプ氏VSメディア :日本経済新聞 ネットメディア社会において、もしかしたら罪になるかもしれないのは、「自分に興味のある情報しか目に触れなくて良い」ことだ。 とくに、AIが進化することで、その傾向は強くなるだろう。 大量の情報があるが…

SNSポリティクス時代の新聞社の役割

(核心)世論形成が危ない SNS政治に「待った」 論説主幹 芹川洋一 :日本経済新聞 新聞だろうがテレビだろうが、その手段は何でも良いし、時代にあった形での世論形成の方策があるだろう。 大切なのは、「誰が」その情報を発しているか何だと思う。 SNS…

右の人間ではないけど、象徴天皇は日本にとって必要なんだと思う

両陛下、元日本兵家族を慰労 ベトナムで面会 :日本経済新聞 「象徴天皇」って、なんだかどうにも説明できないけど、このベトナム残留日本兵の奥様の、天皇に対する気持ちが、まさに「象徴天皇」って、こういうことなんだな、ってのを説明してくれている。 …

ヤマト運輸が投げかけた、「価値」と「対価」の正常化

(ニュース複眼)日本流サービス 持続の条件 :日本経済新聞 今回のヤマト運輸の労働環境見直しは、これからの「便利」に対する付加価値に大きな影響を投げかけた。 「便利さ」を「無料」で得られるサービスを当然のように求める国民性。 それは、ITの普及に…

国会、官公庁、自治体の会議資料ペーパレス化で、税金のムダを減らそうぜよ。

(記者手帳)ペーパーレスの思惑 :日本経済新聞 ペーパレス化、ぜひやってほしい。 国会で12億か。各省庁、自治体が日頃の会議資料をペーパレス化したら、一体この国でどれだけの費用削減が実現するのだろうか。 私は10年程度ベンチャーにいるが、会議で紙…

ビッグデータの活用のための環境づくりは、個人情報が守られる環境作りにもつながる

(きょうのことば)ビッグデータ 膨大な情報、AIで分析 :日本経済新聞 ビッグデータの活用に関する議論は、常に「個人情報保護」の問題と隣り合わせだ。 多くの人は、「自分の個人情報が意図せず使われてしまう可能性が広がるのでは」という懸念を持つ。 …

誰しも、元は平凡だ。彩りを与えるのは「意志」だ。

(働く力再興)成長の条件(下)未来は自力で切り開け :日本経済新聞 自分の「売り」をまともに語れる人なんて、稀だろう。 特別な仕事をしてないし、特別な成果を上げてきたわけではないし。 ほとんどの人がそんな考えだ。 私も以前はそうだった。 でも最…

ゴーンを受け入れた日産経営陣を東芝は見習うべきだ

ゴーン改革から何を学ぶか :日本経済新聞 このブログでも何度か書いて方が、イノベーションや破壊的な改革は、「中の人」より「外の人」の力が必要だ。 ゴーンさんによる日産改革はまさにそれだった。 そして、ゴーンさんを受け入れることを決断した当時の…

地球外生物がいるかもしれないって。これこそ、AIロボットの出番やないかー。

39光年先に地球に似た7惑星、NASAが発見 水が存在する可能性 :日本経済新聞 これ夢あるなー。 光の速さで39年でいけるのか。 なんとなく、やってやれないことになさそうな数字だなあ。 それこそ、AIで作ったロボット君を飛行物体に乗せて、光の速さで…

電通残業問題における、ご遺族様の行動について思うこと

残業上限規制「やり遂げる」 首相、遺族と面会 :日本経済新聞 ご遺族様達の行動が、国のあり方を変えつつある。これ、すごいことだ。 愛娘が命を落とすと言う悲しみの深さは計り知れないが、そこから社会のために行動するってのは、相当な覚悟。 残業上限だ…

ロボットに「曖昧さ」を求めること自体に無理があるのかもしれない

ローソン、健康志向に応じ商品提案 LINEでAIが対応 :日本経済新聞 AIによるボットチャットって、もっと盛り上がると思ったけど、今の所イマイチな感じがする。 私自身、AIプラットフォームを使って自分で開発してみたり、他社のサービスを使ったりし…

小池新党の死角を考える

「小池新党」政界かく乱 都議選で大量擁立へ 自民・民進に離党の動き 協力の公明も警戒感 :日本経済新聞 小池新党、この調子でいけばほんとに過半数取れるかもしれないくらいの勢い。 都議会伏魔殿を敵に設定し、孤独にも立ち向かう姿への応援は強い。 そん…

共産党の教育無償化に関する立場がわかりづらい。

同床異夢の教育無償化 自民・維新、改憲にらむ 民進・公明は慎重 :日本経済新聞 無償化にできるんなら、した方が良いんだけど、意外なのが、共産党が出し渋っているところ。高等教育のみ、無償化って。 わかりづらいなー。 しかも、現憲法堅持だから、無償…

東芝には外部から「劇薬」を。

主力行、半導体分離迫る 融資継続 東芝、出資提案を再募集 :日本経済新聞 伝統ある企業の統治不全は劇薬を投じないと復活は難しい。 JALを稲盛さんが改革し、V字を見せたように、全く別の経験を持つカリスマ経営者のトップダウン改革が復活への手段の一つだ…